若林健治からのメッセージ

 みなさん、初めまして!元日本テレビアナウンサー若林健治です。私は、これまで「山本勉強会」とこのスクールでの指導で36年間に230人以上のアナウンサーを輩出しました。1年に3~4人くらい預かりますので、ほぼ100%です。日本テレビアナウンサー時代は、採用担当・研修担当、そして系列局アナ研修担当(新人・中堅)でした。このノウハウをすべて、みなさんに伝授いたします。

 私は苦学生であったため、アナウンススクールに通うお金もありませんでした。ですから、極力、学生さんの負担を減らすべく、入学金1万円、授業料は1回当たり3,000円という業界最安値を実現しました。また、カウンセリングも無期限無料です。更に基本少数精鋭での指導をします。そして私、若林健治が最後まで一貫指導します!これは他校に通う学生さんが「毎回講師が違う。20人前後のクラスなので1人当たりの持ち時間が5~6分しかない」などの不満を漏らしていたからです。しかも、代講(振り替え)を認めています。大学の履修変更などにも対応します。

 そして他のスクールとの一番の違いは生徒さんを「お客さま扱い」しないことです。時にはズバリ厳しいことも言います。大人のルール・マナーも理解してもらいます。なぜなら、これらは大人と接することでしか身につかないからです。プロとしての厳しさ、フリーの辛さも見てもらいます。下手でもいい。頑張る人を徹底的に応援します。本人が納得するまで「内定までともに戦う!」これがポリシーです。そして「アナウンサーである前に1人の社会人であれ」が合言葉です。

 これまで、師匠が私にして下さったように、学生に「飯と酒」をおごりました。生活費も受験費用も「出世払いでいいよ」と貸し与えました。受験する局の社長に、直接電話をかけたこともありました。採用して頂いたら。生徒には内緒で、10年間お歳暮を送りました。ネット局から、訳あって上京した人間には、仕事も紹介しました。経費節約のため、我が家に居候して、再受験している子もいます。そこまでやるのが「アナウンススクール」だと思っています。私は本気です!

 言葉は「人を殺す」こともあれば、「励ます」ことも出来ます。「放送は励まし」です。日本テレビを作った故・正力松太郎氏は「放送は大衆への奉仕であるべし」と話しました。人の痛みが分かるアナウンサー、温かい放送が出来るアナウンサーを世に送り出したいです。私は、ネット局も、キー局も、テレビも、ラジオも、局アナも、フリーアナも経験しました。ジャンルも、報道・スポーツ・バラエティと全て経験しました。今でも「現役」です。その全てを、みなさんに伝授する決意です。

ご挨拶

若林健治 みなさん、初めまして!元日本テレビアナウンサー若林健治です。
 私は、日本テレビアナウンサー時代、採用担当と研修担当、そして系列局アナ研修担当(新人・中堅)でした。また、ネット局やキー局、テレビやラジオ、局アナやフリーアナも経験しています。ジャンルも、報道・スポーツ・バラエティと全てを経験。もちろん、今でも「現役」です。これらのノウハウをすべて、みなさんに伝授いたします。
 言葉は「人を殺す」こともあれば、「励ます」ことも出来ます。「放送は励まし」です。日本テレビを作った故・正力松太郎氏は「放送は大衆への奉仕であるべし」と話しました。人の痛みが分かるアナウンサー、温かい放送が出来るアナウンサーを世に送り出したいです。

頑張る人を徹底的に応援


 本人が納得するまで「内定までともに戦う!」これがポリシーです。そして「アナウンサーである前に1人の社会人であれ」が合言葉です。
 他のスクールとの一番の違いは生徒さんを「お客さま扱い」しないことです。時にはズバリ厳しいことも言います。大人のルール・マナーも理解してもらいます。なぜなら、これらは大人と接することでしか身につかないからです。プロとしての厳しさ、フリーの辛さも見てもらいます。下手でもいい。頑張る人を徹底的に応援します。

親身に向き合うアナウンススクール

 これまで師匠が私にしてくださったように、生徒に「飯と酒」をおごりました。生活費も受験費用も「出世払いでいいよ」と貸し与えました。受験する局の社長に、直接電話をかけたこともありました。採用して頂いたら、生徒には内緒で10年間お歳暮を送りました。ネット局から訳あって上京した人には、仕事も紹介しました。経費節約のため、我が家に居候して、再受験している子もいます。アナウンサーとしての道を勝ち取るために人生を共にするのが「アナウンススクール」だと思っています。私は本気です!